受講規約


東洋文庫アカデミアは、年齢・学歴等の条件はなく、どなたにも広く門戸を開放しております。


1. 受講申し込み

1. 所定の申込書等をご利用のうえ、次の何れかの方法でお申し込み下さい。
・郵送:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-21 東洋文庫アカデミア受付
・E-mail:academia@toyo-bunko.or.jp
・FAX:03-3942-0258
・東洋文庫ミュージアム受付

 ※お電話での申し込みは出来ませんのでご注意下さい。

2. 次の何れかの方法で受講料をお支払い下さい(講座により金額が異なります)。
・指定の郵便口座・銀行口座へのお振込み(別途、手数料がかかります)
・東洋文庫ミュージアム受付でのお支払い(現金・クレジットカード)

 ※受講料をお支払いの時点で、登録完了となります。

3. 受講申し込みは定員に達した時点で締切と致します。

4. 講座開始日より1週間前までに、受講者が原則5名に達しない場合は、当該講座は開催されません。

5. 登録済の講座の変更は致しかねます。

6. 初回の講座で受講証をお渡しします。


2. 受講上のお願い

1. 受講の際は必ず受講証をご持参のうえ、見える場所にご提示願います。

2. 講座開始時刻の15分前より教室に入場いただけます。

3. 教室内での飲食はご遠慮願います。

4. 許可のない、館内での物品の斡旋・販売、勧誘、金品授受等の行為は、固くお断り致します。

5. 許可のない、録音、写真・ビデオ撮影等は、固くお断り致します。

6. 全館禁煙です。(2階に喫煙所あり)

7. 講座終了後はすみやかにご退館下さい。

8. 受講生以外の方の同伴はご遠慮下さい。介護が必要な場合はお申し出下さい。

9. 貴重品は必ず手元に置き、盗難・紛失にはご注意下さい。万一、盗難や破損などの事故が発生した場合、損害賠償などの責は負いかねます。

10. 次のような好ましくない行為があった場合は、受講のお断り、退会勧告をする場合がありますのでご留意下さい。
<ご留意事項>
イ.文庫の再三再四の協力依頼を正当な理由なく拒否又は無視された場合
ロ.講座の運営に著しく支障をきたす言動をした場合
ハ.「受講上のお願い」に反する言動を重ねて行なった場合
ニ.その他好ましくない行為、法令又は公序良俗に反する行為があった場合


3. 受講修了証

  講座の3/4以上の回に出席した受講者には、最後に「受講修了証明書」を発行致します。


4. 講座の中止・変更

1. 天変地異、その他やむを得ない理由により、講座が中止となる事があります。

2. 別の講師による代講となることがありますので予めご了承下さい。

3. 講座が中止となった場合、受講料は全額返金致します。尚、受講料振込の際に掛かった手数料等は返金致しません。


5. 休講・補講

1. 講師の都合、病気等によりやむを得ず休講とする場合は、ハガキもしくはお電話にて予めご連絡致します。

2. 突発事故等により、開始時間を30分経過しても授業ができない場合は休講とします。この場合でも、交通費のお支払いは致しかねます。

3. 天変地異、新型インフルエンザ、その他やむを得ない理由により全面もしくは一部休講とする場合、当文庫のホームページでお知らせ致します。ホームページをご覧いただけない場合は、お手数ですが当文庫までお問い合わせ下さい。

4. いずれの休講の場合も、所定の授業回数を満たすための補講を後日行ないます。当文庫のホームページでも休講・補講情報を公開しておりますのでご参照下さい。

5. 補講にご出席ができない場合でも、受講料の返金には一切応じかねます。

6. 当文庫の都合により補講が実施できない場合、未開講分の受講料を返金致します。


6. キャンセル・ポリシー・受講料の返金について

 *受講申し込み書をお送り頂いて受講料をお支払い頂き、受講受付完了といたします。


・当方入金を確認後、開講日7営業日前までに受講最少人数に満たない場合は不成立となり受講料はお戻しいたします。


・受講料は原則としてお返しいたしません。ただし、次の場合に限りお返しいたします。


1.病気などやむを得ない事情で開講日前日15:00(前日が休業日の時は前開館日)までにお申し出があった場合は、受講料から手数料1/4を差し引いた額をお返しいたします。


2.講座が休講になり補講も実施できなかった場合は、当該休講分の受講料をお返しいたします。



7. 個人情報の取り扱いについて

  当文庫では、収集した個人情報を申込受付、会員登録に利用し、パンフレットまたはその他案内の送付、講座運営およびこれに関る連絡等のために利用させていただく場合があります。その際、当該個人情報の漏洩・流出・不正利用がないよう、必要かつ適切な管理を行ないます。

以上


ページTOPへ
関連リンク