line
 幣原坦 しではらたいら(1870-1953)
photo 経歴
学者、教育行政官。堺県茨田郡門間村出身。1928年、台北帝国大学初代総長。21年枢密院顧問官に親任。外交家・政治家の次弟幣原喜重郎(1873-1951)は47年より東洋文庫理事長。日本史、琉球史、台湾史、朝鮮史に兼通し、日本における朝鮮史の草分けである。 1941年、韓国政府学参与官在任の時に形成した朝鮮古籍の蔵書334部を受贈。 著書『南島沿革誌論』、『朝鮮教育論』等。

関連リンク

* 東洋文庫関連の人物 創設期・寄贈者編 (五十音順)


line