現在の展示


【企画展】

photo
 

「江戸から東京へ -地図にみる都市の歴史」
【会期】2021年6月2日(水) 〜2021年9月26日(日)


ミュージアムのご利用に際してはこちらをご覧ください

■ご来館予定のお客様へ

世界有数の大都市である東京は、1868年に「江戸」から「東京」へと改称し、明治時代以降、都市の範囲も街並みも変化していきました。さかのぼれば、1603年の開府から約250年の間にも、江戸の町は拡張と整備を経て変容し、時代ごとの特徴が見られます。 本展では、東洋文庫が所蔵する古地図をはじめ、地誌、ガイドブックなどの関係資料にスポットをあて、古代・中世から近世に至る幅広い時間軸で、各時代の地図の特徴、都市としての変化、そして人々の営みの変遷をたどります。 「首都・東京」の歴史を振り返る地図散策へとでかけましょう!

  • 詳細はこちら



  • <展示資料の閲覧方法>

    展示資料の原題・請求番号は下記よりご覧いただけます。
    これらの資料は展示終了後閲覧室でご覧いただけます(一部ご覧いただけない場合もございます)。
    http://www.toyo-bunko.or.jp/library3/prohibition.html

    詳しい閲覧方法はこちらよりご覧ください。
    閲覧室のご利用方法




    次回の展示



    【企画展】


     

    comming soon



    これからの展示予定



    【企画展】


     

    comming soon



    過去の展示


    photo

    過去の展示についてご覧いただけます。




    施設紹介・展示品紹介



























    マウスで画面をドラッグすることで、様々な方向を向くことができます。
    東洋文庫の施設・代表的な展示品・各部屋の特徴と見どころについては下記「詳細はこちら」ボタンからご覧下さい。




    ページTOPへ