現在の展示


【企画展】

photo

「モリソン文庫渡来100周年 東方見聞録展~モリソン文庫の至宝」

【会期】2017年8月16日(水)~2018年1月8日(月・祝)

洪水も戦火も乗り越えて…祝・渡来100周年!!

100万点以上にのぼる東洋文庫の蔵書の中核をなすのが、創設者である岩崎久彌が1917年に購入した貴重な洋書・絵画資料のコレクション「モリソン文庫」です。大水害、関東大震災、太平洋戦争…、いくたびもの危機を乗り越えて現代へと受け継がれました。本展では、コレクションの渡来100周年を記念し、「東方見聞録」、「アヘン戦争図」など、教科書でおなじみの資料をはじめとする有名な歴史資料の宝庫「モリソン文庫」の全容を公開いたします。「みたことある!」、「聞いたことある!」と思わず言いたくなるお宝の数々をお楽しみください。本コレクションを築いたジョージ・アーネスト・モリソンは、20世紀初頭に「タイムス」の海外特派員、そして中華民国の政治顧問をつとめ、激動の時代を見つめ続けた人物です。本展では、これらの名品が収集された時代背景についても、モリソンの眼をとおしてご紹介いたします。

  • 詳細はこちら


  • 展示リスト



  • <展示資料の閲覧方法>

    展示資料の原題・請求番号は下記よりご覧いただけます。
    これらの資料は展示終了後閲覧室でご覧いただけます(一部ご覧いただけない場合もございます)。
    http://www.toyo-bunko.or.jp/library3/prohibition.html

    詳しい閲覧方法はこちらよりご覧ください。
    閲覧室のご利用方法



    次回の展示



    【企画展】

    photo  

    「ハワイと南の島々」
    【会期】2018年1月18日(木)~2018年5月27日(日)

    世界最大の海・太平洋。古来、この大海原を多くの人々が行き交いました。 遠洋航海の主な中継地は、ハワイに代表される美しい島々です。 他にもタヒチ、イースター島、サモア、フィジー、ニューカレドニア、 ニュージーランドなどが中継地として使われたことが知られています。 日本近海では、伊豆・小笠原諸島、沖縄を含む南西諸島などがあります。 本展では、東洋文庫で所蔵する貴重な書籍、絵画、古地図を通して、 これら魅惑の「南の島々」に関する知られざる歴史秘話を紹介します。

  • 詳細はこちら



  • 過去の展示


    photo

    過去の展示についてご覧いただけます。




    施設紹介・展示品紹介


    photo

    東洋文庫の施設・代表的な展示品・各部屋の特徴と見どころについてご紹介します。






    ページTOPへ