現在の展示


【企画展】

photo  

「本の中の江戸美術」展
【会期】2016年8月17日(水)~12月25日(日)
【内容】東洋文庫の100万冊以上にのぼるコレクションの中核をなすのが、創設者である岩崎久彌(三菱3代社長)旧蔵の「岩崎文庫」です。「文庫」というと、文字だけの難しい本ばかりが並ぶ光景をイメージされるかもしれませんが、 実は美しい絵画資料や地図などの宝庫としても、知る人ぞ知るコレクションなのです。
 本展では、岩崎文庫のなかでも質・量ともに充実している江戸時代の絵巻・絵本・春画を含む浮世絵版画にスポットをあて、だれもが知る有名な作品から秘蔵の初公開品までが一堂会します。 これらの作品を読み解くことで見えてくる、日本文化の様々な表情を再発見していきましょう。東洋文庫だからこそ実現できる「眼の悦び」と「知の楽しみ」をあわせてご堪能ください。

【国宝】『史記』1145年(平安時代)書写

≪同時開催≫
○記録された記憶―東洋文庫の書物からひも解く世界の歴史
○日本・イタリア国交150周年記念展示


  • 詳細はこちら


  • 次回の展示



    【企画展】

     
    準備中です。


    過去の展示


    photo

    過去の展示についてご覧いただけます。




    施設紹介・展示品紹介


    photo

    東洋文庫の施設・代表的な展示品・各部屋の特徴と見どころについてご紹介します。






    ページTOPへ