大根祭

先日、実家から大量の大根をもらいました。大根大好きの私は、とても嬉しく毎日大根料理を楽しんでいたのですが、宅配で購入しているお野菜もあるため、キッチンの野菜がどうにも減りません。特に大根は場所もとるので、早く消化したい…と思うようになり、いろんな種類の料理を作りました。が…もう限界が来ています。毎日が大根祭です。

ネットで大根レシピを調べていたら、大根についていろいろなことがわかりました。その一つは、大根にはどうやら、薬としての効果もあるらしい、ということです。消化を促進させ、せきを止め、たんを出やすくさせる、利尿作用、口内炎、初期の風邪の治療補助に用いる、などなど…どんな使い方ができるのか早速まとめました。

せき、たんに、はちみつ入りおろし湯⇒せきを静め、たんを除きます。おろし汁にはちみつを適量としょうが汁を少量加え、熱いお湯を注いで飲みます。

消化不良や食欲不振にしぼり汁⇒大根おろしをしぼり、朝晩2回飲みます。消化不良は食後に、食欲不振は食前です。

二日酔いにもしぼり汁⇒二日酔いですっきりしないときは、おろしを食べるか、しぼり汁を飲むと良いでしょう。 歯茎のはれにしぼり汁を⇒歯茎がほれたり、出血したりするときにもしぼり汁を用います。直接はれたところにしぼり汁を塗っていきます。

口内炎にもおろし⇒口内炎には、大根おろしを毎食のたびに茶碗に猶杯ほど食べます。

肩凝りにおろし湿布⇒肩凝りは血液循環が悪く、また筋肉に炎症を起こしていることが多いようです。大根おろしに小麦粉を加えて、耳たぶくらいのやわらかさに練り、ガーゼに薄くのばして肩にはります。

やけどにおろし湿布⇒やけどの大きさに合わせておろしを作り、直接やけどに湿布し、包帯で覆い、乾燥するまでそのままにします。

にきびにおろしバック⇒大根おろしをコットンに含ませて、にきび部分に当て、10分間くらいパックします。これを過1~2回の割合で行ないます。

(インターネット「野菜の効能辞典」「栄養食品効果効能ナビ」「食品辞典」より)


どうやら、大根おろし(あるいは、大根の絞り汁)がかなりの成果を発揮するのですね。
ねえさんも料理以外で、いろいろ試してみようとおもいます♫

最近のブログ記事