記憶された記録?記録された記憶??


(注・前回のブログと併せてお読みください。)


…そう!!新しくショップに姿を現したこの本は…!!



『記録された記憶 ~東洋文庫の書物からひもとく世界の歴史~』

こちら昨日入荷したてほやほやの新刊でございます!!
なんて心をくすぐるタイトルでしょう。その優美な明朝体もなんとも心にくいですね。
そして帯にはあの有名なドナルド・キーン氏の推薦文が…!

「文献、絵画、地図などの極めて貴重な史資料で、東洋そして西洋と日本の密接な関係を見事に興味深く伝えている。」

私がちらっと捲って見てみましたが、その推薦はお世辞じゃありません。
東洋文庫に収められた他では観ることの出来ない貴重書の数々が、時系列に沿って掲載され、私のようなあんぽん
たんでも面白く興味深く読める内容になっております。


「あ!!世界史で見たゾ!!!」と思えるような書物から、誰もが知るコーランなども掲載。
また学校の世界史で習った知識の合間を埋めてくれるような書物まで、日本が成立してからの道のりをビジュアルとともに辿っていくことができます。

また東洋文庫ミュージアムにお越しになる前の予習や、その余韻をお家に持って帰って復習するのにも最適です!
ミュージアムに展示中の品もありますので、ご覧になった後ならさらに面白く読めることでしょう。

まさに世界史の知識の泉とも呼べる一冊! ぜひお手にとってみてくださいませ(*´pq`*)

寒さが長引いておりますが、みなさまお体にお気をつけてお過ごしください♪


最近のブログ記事