いも野に捧げる鎮魂歌(レクイエム)

あゝいもふとよ、君を泣く、
君行きたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
MAのなさけはまさりしも・・・

そう・・・昨日はいも野さんがご卒業という
ショッキングなお知らせがありました。

いも野ファンは枕を涙で濡らしつつあけない夜を
過ごしたのではないでしょうか。


いも野はMAの初期メンバーで、ミュージアム開館当時からおりました。
当時はMA最年少であり、みんなの妹的存在の大層可憐な少女だったのです。


「・・・おねぇ様。。 」と、ややはにかみながら花のかんばせを桃色に染めた姿に
何人のMAが心打たれたでしょう。

回想1



そんないも野もこれまでに色々なことがありました・・・
プロテインに手を出した時は、あの柳のようないも野が
ごりごりになってしまうのかと、心痛のあまり胸を掻きむしったものです。
(幸い、いも野はほどほどの筋肉を手に入れたところでプロテインを
やめてくれました)

回想2



そんないも野にもいつしか後輩ができました。
どこか儚げだった彼女はたちまち頼れるお姉さんとして、
みんなの指導者的存在へと変わっていったのです。
それは、そう・・・蕾が開花するように。
少女は艶やかな女性へと変貌を遂げました。

回想3


しかし私は心の何処かで時の流れを拒絶しておりました。
いも野はずっと私たちの妹であると、自分自身に言い聞かせ、
彼女の成長から目を向けておりました。
それはきっと・・・今日という日が・・・彼女との別れの日がやって来ると
気づきたくなかったから・・・・
でも、時の流れをとめることは出来ません。彼女は昨日旅だったのです。

回想4


あぁ。。。ごめんなさい。私は貴女を失うことが辛かったの。
正直に言えば今もまだ辛いわ。
でも、今度会う時は、ちゃんと正面から貴女と向き合いたいと思う。
貴女の旅立ちを心から祝福できるその日まで、
サヨウナラなんて言わせないから!!!!



そう言えば、彼女の最後のブログには「END」ではなく「EN」と
書かれておりました・・・・・
えん・・・ エン・・・・ 縁!!!!
そう、我々の縁は切れてないよ!!!!ということで、
いも野、、、お疲れ様でした~~~~~☆

最近のブログ記事