また君に恋してる

寒い。
朝起きた瞬間そう思って、思わず二度寝しそうになりました。
前日との気温差が5度らしいですね。あったかいもの食べたい。


急に何かを無性に食べたくなる時がありませんか。私の場合、今まさにそれが担々麺です。
アジアの食文化に触れたくて・・・!
というのは建前で、もともと辛いものが好きで、とくにここ二週間くらいすごく担々麺に恋い焦がれております。
今すぐ君に会いたい。すすりたい。そんな気持ちです。
これが恋かと窓辺で頬杖ついて考えましたが、「バナナになりたい」という
園児が書いた七夕の短冊を目撃した時のような気持ちになりました。そりゃあかんで。

担々麺の発祥の地は、中国の四川省だそうです。
当時、片方には、七輪と鍋を、もう片方には調味料・洗い桶・食器などをいれた天秤棒を担いで売り歩いたそうな。
そして、その鍋の真ん中には仕切りがあり、片側に具を片側にお湯をいれていたようです。
担々麺を売り歩いていたとは驚きです。江戸寿司のような感覚で食べられていたのでしょうか。
また、担々麺というと醤油ラーメンと同じようにあの中華どんぶりにたっぷり入っていて、
それだけで満足する量のイメージが一般的だと思うのですが、中国のものは、少量で、
いわばファーストフードのような扱いなんだそうです。
味に関しても日本に入ってくる際に日本向けに新たに味付けしたものらしく、思わず本場の味を体感したくなりました。
でもすごい辛そう( ´∀`)
話していたらますます担々麺食べたくなりました。
本場の味を食べられるお店を探そう(*´ω`*)アルカナ・・・。

最近のブログ記事