米国見聞録 アムトラック編

昨日は春のような日和で、外へ出てあまりの暖かさに驚きました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。さて、米国見聞録もこれでおしまいです。最終回は、アメリカの鉄道Amtrakについて書こうと思います。

アメリカの都市を結ぶ、いわば新幹線のような存在のアムトラックは、空港にはない魅力があり人気の交通手段です。私はワシントン~ニューヨーク間の移動に利用しました。ユニオン駅からペンシルバニア駅までを(たしか)4時間ほどで結びます。出発ぎりぎりになってもゲートに係員が表れず不安になったり、スーツケースを座席から離れた棚に積まなければならなかったりと予想外のことに焦ることもありましたが無事事なきを得ました。
アメリカの郊外の風景を眺めながらの電車移動はとても楽しいものでした。落書きだらけの建物やお化け屋敷のような廃墟が続く区間があれば、大きな橋をわたるところもありました。今回はコーチ(自由席)でしたが、ビジネスクラスの車両もあるようです。日本からもネットでチケットを購入できます。また、ワシントン~ニューヨーク間の路線はビジネスマンの利用が多いようですが、路線によっては鉄道旅行を楽しむ人々に人気のようです。個性があるのですね。気になります!他の路線も利用してみたいと思います。

数回にわたっておおくりしました米国見聞録。お楽しみいただけたでしょうか。
これからも旅をして生きていきたいとつくづく思います。旅より充実したお金の使い方なんてないのではないかとさえ思います。
次は東南アジアの国々をめぐる旅をしたいです。またここでも世界のおもしろ見聞録を綴れればと思います。

ではまた!
MAウメ

最近のブログ記事