本能寺の変!

皆さんこんにちは!
二の腕エクササイズをしているはずなのに、相変わらずボンレスハムなMAでんぷんでございます。
3日で痩せる!と誰がいいはじめたのでしょうか。
3日目以降も悲しみのボンレスハムです。私、めげない。


さて、突然ですが、6月2日(木)という日が、なんの日かご存知でしょうか?
調べてみると横浜開港記念日やら長崎開港記念日、甘露煮の日など思った以上に色々とでてきますが、
実は、あの明智光秀が織田信長を裏切った本能寺の変が起きた日でもあるのです!(※新暦だと6月21日になります)

なぜ、織田信長の話をしたのかというと、実は信長が建造した安土城の天守には、「孔門十哲」の障壁画があるからです。
「孔門十哲」は、孔子の弟子の中でも特に優れた10人をさします。
安土城天守の第七層にあたる部分にこの障壁画がありますが、その下の第六層には、仏教を主題とする絵が、
第五層は空白、第四層より下の階は、意匠の絵で飾られています。
信長は、この空白の階層で俗世界との線引きをしているようです。
第七層になぜ儒教的な主題をもってきたのかは所説あるようですが、一説では、
「これからの時代は儒教で世の中を統一していくべき」という未来を見据えた信長の意志表示ではないかといわれているようです。

ほかにも調べてみれば、儒教と関係あることが、見つかりそうですね(*´з`)

最近のブログ記事