福嶋尺牘

『本でみる江戸美術』展が六義園のライトアップに伴い益々盛況です。 
 
どうも、リクルートでございます。 
 
さて次回は『ロマノフ』展を予定しておりますが、収蔵史料の余話でも。 
 
明治時代にシベリアを単騎で横断することに成功した日本陸軍の将校、 
 
福島安正宛ての書簡が東洋文庫の収蔵品の中に含まれております。 
 
『福嶋大将尺牘』という表題だったかと思います。 
 
情報将校として日露戦争時には対ロシア特殊工作班を組織しその手腕をいかんなく発揮、 
 
日本のロシア帝国に対する勝利へ影響したとされます。 
 
「ロマノフ」展に直接展示されるかわかりませんが、 
 
果たして東洋文庫が所蔵している書簡には何が書かれているのか、閲覧の機会がございま 
 
したら、是非とも学校の教科書の行間から零れ落ちた日本近現代史の一面をご覧ください。 
 

最近のブログ記事