チェブラーシカ



皆さまこんにちは。最近肌寒い日が続いておりますね。

東洋文庫ミュージアムではただ今ロマノフ王朝展を開催いたしておりまして、

日本の冬よりももっと寒いロシアを舞台に展示を繰り広げております。

東洋文庫ミュージアムでロシアに浸れば、日本の冬を乗り越えられること間違いなしです。


そこで今回は当ミュージアム受付にて皆さまをお出迎えする、“チェブラーシカ”というキャラクターについて

お話したいと思います。





チェブラーシカは、ロシアの児童文学「ワニのゲーナ」に登場する主人公です。

もともとはワニのゲーナが主人公だったらしいのですが、

チェブラーシカがその独特な愛らしいイメージで人気を博し、主人公になりました。

日本でも「チェブラーシカ あれれ?」のタイトルでチェブラーシカのアニメが2009年から2010年にかけて、

全26話で放送されておりましたので、チェブラーシカに馴染みのある方も多いかと思います。


チェブラーシカとともに、お待ちしております。







最近のブログ記事