Масленицаを祝おう!

目がカサカサしょぼしょぼし、喉がガサガサ…。
これはもしや花粉症…。いいやそんなこと認めたくない!
と現実から目を背け、春の訪れをちょっとずつ感じる今日この頃です。


ロシアには『Масленица(マースレニツァ)』という
毎年2月頃~3月頃に開催される伝統的なロシア正教のお祭りがあることをご存知ですか?

「春を迎え、冬を送る祭り」という意味があるそうで、
「マースレニツァ」を直訳すると「バター祭り」となるそうです!

マースレニツァを境に、復活祭までの間、バターやチーズなどの乳製品が
食べられなくなってしまうそうで、「バター週間」「パンケーキ週間」「チーズ週間」
とも言われているんですって!

今年はもう終わっていて、2月20日~2月26日までだったとか。


このお祭りでの御馳走は「ブリヌイ」というロシア風クレープ!
食べてみた~~い!!!
丸い形をしたブリヌイは「太陽」を象徴しているそうです。


ブリヌイを食べるのも楽しみですが、お祭り期間中はバザーが行われたり、
仮装パーティーがあったり、ゲームがあったり、とても賑やかで楽しいお祭りのようです♡


そして、お祭りの最終日には「マースレニツァ人形」を燃やすという大イベントが!
「マースレニツァ人形」とは、ロシアの寒い冬を象徴する人形で、
細い白樺の幹、枝、麦わらなどで作られています。
おさげに結ばれた髪の毛は亜麻の繊維でできていて、プラトーク(頭巾)を被っています。
人形の手にはブリヌイ(ロシア風クレープ)を作るための器がのっていて、
望みを託した色とりどりのリボンがつけられます。
そのリボンは、お祭りの最終日にマースレニツァ人形と一緒に燃やしてしまうのですが、
そうすることで望みが叶うと考えられているそうです!

マースレニツァ人形が燃えている様子を撮影した写真を見たのですが、中々衝撃的です!笑
実際見たら凄い迫力なんだろうなぁ…!


いつかマースレニツァに参加して春を迎えたいものです!ブリヌイブリヌイ!



今回のブログは、
ロシア・エクスプレス(http://www.russia-ex.com/blog/item/4743.html)
ロシアNOW(https://jp.rbth.com/culture_calendar/2017/02/09/698443)
Wikitravel(http://wikitravel.org/ja/%E7%A5%AD%E3%82%84%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/sub/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%83%84%E3%82%A1_(%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%8F%8A%E3%81%B3%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%96%87%E5%8C%96%E5%9C%8F))
などのページを参考に書かせて頂きました。



最近のブログ記事