【リサーチ】10月27日(日)国際ワークショップ「外語の熟達から世界統制へ」(フランス国立極東学院、東洋文庫共催)のご案内

国際ワークショップ「外語の熟達から世界統制へー近世の東アジアにおける対訳辞書と語彙集を考える」

【日時】2019年10月27日(日) 10時〜18時
【場所】東洋文庫2階講演室
【講演者・講演テーマ】
平野健一郎 (東洋文庫) : 開会の挨拶
牧野元紀(東洋文庫・昭和女子大学), フランソワ・ラショウ(フランス国立極東学院):司会
岸本恵実 (大阪大学) : 『 羅葡日辞書』の翻訳と日本イエズス会教育
フランソワ・ラショウ(フランス国立極東学院): 日本イエズス会衰亡史と『日葡辞書』の編纂
大島幹雄 (ノンフィクション作家) : ロシア使節レザーノフが編纂した露日辞典 ミケーラ・ブッソッティ (フランス国立極東学院) : 中羅(伊)辞書の草稿に関する一考察 (17〜18世紀を中心に)
 マリア・テレサ・ゴンザレス=リナーヘ (マドリード大学) :「花咲く中華文明の影に」—スペイン宣教師による中国語辞書の草稿を考える (17〜18世紀を中心に)
吉川雅之 (東京大学) : 英粤辞典・語彙集の歴史─文献学から見た19世紀標準広東語の構築
モルテン・セデルブロム=サーレラ (中央研究院) : フランスにおける満州語の研究(1789−1810)─「補助言語」の辞書編纂法と文法の研究
クリストフ・マルケ (フランス国立極東学院) : 閉会の挨拶

コミュニケーションは日本語または英語で行われます(入場自由・無料)

詳細は下記のポスター・プログラムをご参照ください。
ポスター
プログラム




TOPへ