【リサーチ】〈情報更新〉『大正新脩大蔵経』底本・校本データベース、酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース公開のお知らせ

 このたび科学研究費助成事業基盤研究(A)「漢文大蔵経の文献学的研究基盤の構築:『大正新脩大蔵経』底本・校本DBの活用と拡充」(21H04345)の研究活動の一環として、下記のデータベースを公開いたしました。ぜひご活用いただき、ご利用されたご感想などをお寄せください。

『大正新脩大蔵経』底本・校本データベース
https://static.toyobunko-lab.jp/taishozo/
「凡例」は こちら をご覧ください。

酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース
https://static.toyobunko-lab.jp/u-renja/
「はじめに・凡例」は こちら をご覧ください。

【本データベース構築・公開の目的】
 『大正新脩大蔵経』底本・校本データベースは、『大正新脩大蔵経勘同目録』と大正蔵の脚注に記載される大正蔵第1-55巻の底本・校本に関する情報を対照して一覧するためのデータベースです。これを軸に、様々な底本・校本の原本を書誌調査し、画像データを入手し、本文テキストを作成し、これらを組み合わせて、仏典の国際的なスタンダードテキストたる大正蔵にふさわしい漢文大蔵経データベースに拡充し、デジタル空間上に文献学的研究のための研究基盤を構築することを目指しています。
【書誌調査・解題・目録の作成・公開】
 大正蔵の底本・校本に実際に用いられたテキスト(大学所蔵本約340点)に対して、現物の書誌調査を行い、書誌情報をデータベースに連携する形で公開します。また、「酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース」と同様に、他の大蔵経の目録データを作成し、データベースと連携させます。
【画像のIIIF規格での公開】
 高精細カメラを用いて、 酉蓮社(旧増上寺報恩蔵) 蔵嘉興版大蔵経(正蔵1418冊)をデジタル撮影して、 IIIF(International Image Interoperability Framework) 規格で公開します。
【TEIテキストの作成】
  TEIガイドライン に沿った酉蓮社本のデジタルテキストを作成し、 IIIF画像 との連携、大正蔵その他のテキストと機械的に校勘記を作成するシステムの実験を行います。
【レビューの収集】
データベーストップページに設けた ユーザー投稿フォーム から利用者のレビューを収集し、データベースの改修に活用する。
上記の方法で、本研究事業の研究期間である2021〜2025年の5年間に、不断にデータベースの改修、拡張を進めていき、それによって、デジタル空間上に漢文大蔵経の文献学的研究を行えるような研究基盤を構築していきます。

【研究体制】
會谷佳光(研究代表者 東洋文庫研究員)
相原佳之(研究分担者 東洋文庫研究員)
中村 覚(研究分担者 東京大学史料編纂所助教)
宮崎展昌(研究分担者 鶴見大学仏教文化研究所准教授)
清水信子(研究分担者 東洋文庫研究員)

本データベースはJSPS科研費 18K00073 21H04345 の助成による成果の一部です。




TOPへ