MODERN ASIAN STUDIES REVIEW Vol.5 新たなアジア研究に向けて5号
34/112

 石塚晴通氏の「コディコロジーからみる東洋・西洋・日本」では,中国の漢字文献における異体字の特徴と地域性を考察することにより,漢字文化圏の広がりと発展をみていく。また,紙の材料の科学的分析によるコディコロジー(文理融合型書誌学)的考察から東洋の書誌について考える。 最後の総合討論では,主に「紙」を中心とした質疑があり,講師のそれぞれの認識と見解が紹介された。2 プログラム第1日 9月28日(土) 西洋文化と書誌学―西洋の視点 東洋の視点― 10:00~10:15 趣旨説明  濱下 武志(東洋文庫研究部長) 10:30~12:20 西洋書籍の歴史―印刷・出版と読書―  樺山 紘一(東京大学名誉教授・印刷博物館館長) 13:00~14:50 西欧における東洋表象  彌永 信美(フランス国立極東学院東京支部代表) 15:10~17:00 西洋古典籍の古代・中世西アジアにおける受容  高橋 英海(東洋文庫研究員・東京大学大学院准教授)第2日 9月29日(日) 西洋書とアジア―東洋文庫と西洋書― 10:00~11:50 海の近代中国とモリソンパンフレット  村上 衛(東洋文庫研究員・京都大学人文科学研究所准教授) 13:00~14:50 科学史から見た西洋博物誌―日本との関係―  塚原 東吾(神戸大学大学院教授) 15:10~17:00 モリソン・コレクション  濱下 武志第3日 9月30日(月) 西洋書の製本・保存・補修 10:00~11:50 紙と色彩の保存環境と修復  稲葉 政満(東京藝術大学大学院教授) 13:00~14:50 東伝製紙術と西伝製紙術の違いの起源  江南 和幸(龍谷大学名誉教授) 15:10~17:00 比較コディコロジーの課題と方法―東西の書誌と東洋文庫― ・コディコロジーからみる東洋・西洋・日本  石塚 晴通(東洋文庫研究員・北海道大学名誉教授) ・総合討論  司会:濱下 武志030MODERN ASIAN STUDIES REVIEW Vol.5

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です