MODERN ASIAN STUDIES REVIEW Vol.5 新たなアジア研究に向けて5号
36/112

西欧における東洋表象―とくにルネサンスから20世紀の「最後の巨人たち」まで―彌永 信美(フランス国立極東学院東京支部代表) 西洋と東洋の対比は相対的なもので,文化と歴史によって変化する。その対比を歴史的に概観し,中世以降の西欧における東洋についての表象の変遷をイメージで捉え,分析・考察する。1.最初の前提 1)西洋と東洋:対比は文化的で,文化・歴史によって変化「東洋」の概念は,「西洋」(基本的に西ヨーロッパ)がユ-ラシア大陸の西の端に位置した,ということに基づき,「西洋」によって作られた。 2)日本における「東洋学」の対象に,日本自体は含まれるか否か 3)日本以外の「東洋」の国における「東洋」概念:韓国,インドの例など2.歴史的概観 1)ルネサンス以前 2) 古代ギリシア:ヘロドトス(エジプト,ペルシアなど),プラトン(エジプト,アトランティス),ギリシア人「若い民族」/エジプト人「古い民族」/ペルシア人「もっとも若い民族」など。「東/西」の対比は明確ではない。 3)ローマ時代:「オリエント宗教」の流行。「東/西」の対比の創出ex oriente lux, ex occidente lex3.中世キリスト教の神話 1)ダニエルの夢:世界の四つの帝国 2) 世界史は東から西へと進む:バビロニア,メディア,ペルシア,マケドニア/バビロニア,ペルシア,マケドニア,ローマ―西ヨーロッパ/アメリカ(アウグスティヌスからヘーゲルまで) 3)「エクゾティシズムの西欧的形態」(地図):「東に上って西に沈む」(太陽の一日の運行)4.16世紀以降 ・16世紀:日本の世紀(イエズス会の世紀) ・17~18世紀:中国の世紀(イエズス会の世紀,「フィロゾフ」の世紀) ・18世紀:エジプトの世紀(フリーメーソンの世紀) ・19世紀:インドの世紀(ロマン主義/神秘主義の世紀) ・20世紀:「科学」の世紀;仏教の世紀使用資料: 彌永信美『幻想の東洋:オリエンタリズムの系譜』青土社,1996年(新装版)032MODERN ASIAN STUDIES REVIEW Vol.5

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です