MODERN ASIAN STUDIES REVIEW Vol.5 新たなアジア研究に向けて5号
47/112

アジア資料学研究シリーズシタン本の研究者が集まり意見を交換し,他言語の研究者が討論に加わるという得がたい機会になり,予定時間をかなり超える白熱した討論となった。2 プログラム第1日 10月18日(金) 漢字文献と非漢字文献 13:00~13:10 趣旨説明   濱下 武志(東洋文庫研究部長) 13:10~15:10 コディコロジー―漢字文献と非漢字文献―(書庫見学を含む)  石塚 晴通(東洋文庫研究員・北海道大学名誉教授) 15:30~17:00 キリシタン文献I―キリシタン版の印刷技法―  白井 純(信州大学准教授)第2日 10月19日(土) 非漢字文献 10:00~11:50 キリシタン文献II―紙と活字から見たキリシタン版―  豊島 正之(上智大学教授) 13:00~14:30 中央アジアの非漢字文献―ウイグル文献とモンゴル文献―  松井 太(東洋文庫研究員・弘前大学教授) 14:40~16:10 中央アジアの非漢字文献―チベット文献―  岩尾 一史(神戸市外国語大学客員研究員) 16:30~17:30 総合討論  司会:石塚 晴通3 講演内容コディコロジー――漢字文献と非漢字文献――石塚 晴通(東洋文庫研究員・北海道大学名誉教授) 中国の漢字文献における異体字の特徴と地域性を考察することにより,漢字文化圏の広がりと発展をみていく。また,紙の材料の科学的分析によるコディコロジー(文理融合型書誌学)的考察から東洋の書誌の材料について分析する。1.漢字の書体・字体・字形の定義   書体……漢字の形において存在する社会共通の様式,楷書・草書等       漢字資料の目的   字体……書体内において存在する一々の漢字の社会共通の基準   字形……字体内において認識する一々の漢字の書写(印字)された形そのもの   異体(字)率=異体の総字数/(文献の総字数-孤例の総字数)×100   HNG所収原資料(東洋文庫蔵本)043

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です